Long-term INTERNSHIP in TOKYO

東京の新拠点で行う
長期インターンシップ

豊田中央研究所の新拠点にて、テーマ選択型のインターンシップを実施いたします。当社は、「研究と創造によって産業とその基礎の発展に尽くし、人類の永続的な繁栄に貢献する」という企業理念のもと、研究活動を通じてトヨタグループの事業展開に貢献すると共に、未踏の科学分野への挑戦、究極技術の追及を続けてきました。
今回のインターンシップでは、モビリティ知能社会の実現に向けた「人間」「社会」「数理」の研究領域から3テーマを用意。当社の研究者とともに、約1か月半のインターンシップを通じてこれらの課題に取り組んでいただきます。ぜひあなたのこれまでの研究の知見を活かし、当社のインターンシップに挑戦してください。

THEME 01 
脳神経系の数理モデルの実装
テーマ詳細 人の感情を理解することは、人が関わる様々な製品を設計・開発する上で重要なことである。脳神経系の情報処理において、大脳辺縁系は人の感情を司る脳機能の主要部位であると言われている。本実習では、文献から得られた強化学習に基づく大脳辺縁系の数理モデルをPython等のプログラミング手法を用いて実装するとともに、モデルから得られた結果を利用して感情のメカニズムについて考察する。
専門領域・専攻分野 情報科学、神経科学
求められるスキル

プログラミング(Python)、強化学習、神経科学

実習期間(予定) 2019年8月19日(月)〜2019年9月13日(金)
THEME 02 
皮質下脳組織
セグメンテーションパイプラインの実装
テーマ詳細 全く新しい製品やサービスを発想するためには、ヒトのメカニズムを深く理解することが必要である。本実習では、前庭感覚の脳神経系メカニズムを明らかにする目的で、これまでに取得した高磁場MRIデータ(拡散協調画像)を用い、神経線維束の走行様式に基づいて視床および脳幹を小区画化する処理パイプラインの作成を行う。
専門領域・専攻分野 神経科学、情報科学
求められるスキル

プログラミング、MRI画像解析(あれば尚可)

実習期間(予定) 1か月半(要相談)
THEME 03 
新しいモビリティサービスの
導入効果評価手法の構築
テーマ詳細 現在、自動車産業は100年に一度の大変革期と言われており,大変革をもたらすと言われているのが、
「CASE(Connected,Autonomous, Shared/Service, Electric)」である。特に、クルマの使い方の変化は従来のクルマビジネスを大きく変える可能性があるため、全ての人が移動の自由を手に入れることを目指し、望まれるモビリティサービスの姿を考えていくことが求められている。
本実習では、実際の街に相乗りタクシー等の新しいサービスを導入することを想定し、自動車の保有から共有に伴う人々の外出行動の変容を考慮した、サービス導入効果評価手法の基礎検討を行う。
専門領域・専攻分野 土木工学、都市計画学
求められるスキル

離散選択モデル、プログラミング

実習期間(予定) 2019年8月12日(月)〜2019年9月27日(金)

豊田中央研究所のインターンシップでは、
実習テーマの選択・計画から発表までを行います。
プロの研究者と一緒に実際の業務に触れながら、
私たちのラボを体験してください。

計画

実習の目標と計画を
指導者と確認します。
あなたの習熟度に合わせて、
カスタマイズも可能です。

実習
指導者だけでなく多岐にわたる専門分野の研究者達が
あなたの研究をバックアップします。
得られた結果やあなたのアイデアについて、
一緒に議論しましょう。

発表
実習の成果を発表。
指導者やプロの研究者のアドバイスを受けながら
発表準備をすることで、
あなたのプレゼンスキルがアップします。
実施概要
募集内容・業務

以下いずれかの研究テーマの推進
①脳神経系の数理モデルの実装
②皮質下脳組織セグメンテーションパイプラインの実装
③新しいモビリティサービスの導入効果評価手法の構築

参加条件

修士課程及び博士課程学生

※テーマ毎に必要となる「専門領域・専攻分野」および「求められるスキル」を満たしている方
※待遇・成果の取扱い等について、インターンシップ契約を締結します。
※自動車・原付・バイク・自転車での通勤は不可。

場 所

豊田中央研究所 東京キャンパス

東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル10階

期間・時間

2019年8月中旬~9月末のうち1か月~1か月半(土・日・祝日を除く)
原則、8:30~17:30
※期間・時間については要相談

待 遇

■インターンシップ研究奨励金を支給いたします。
 修士課程学生:1,200円/時 博士課程学生:1,400円/時
■交通費は当社基準で補助いたします。
■賠償責任保険に当社負担にて加入いただきます。
■遠方(当社基準)からの参加の場合、住居は当社にて手配します。(住居費用は全額手当として支給)

申込期間 2019年7月17日(水)~2019年7月28日(日)
連絡先 e-mail:saiyo@mosk.tytlabs.co.jp
担当者:グローバル推進室 インターンシップ担当

東京キャンパスについて

東京キャンパスについて

『モビリティ知能社会』実現に向けた
豊田中央研究所の新拠点。

当社では、2019年に学術研究機関や企業研究所等とのオープンイノベーションを推進する新たな研究拠点として東京キャンパスを立ち上げました。豊田中央研究所で取り組む研究領域の中から特に「人間」「社会」「数理」分野を中心とした研究を行っており、『モビリティ知能社会』実現に向けた研究群を展開しています。共同研究や研究員の相互派遣を通じ、学術研究機関と密に連携しながら研究を進めると共に、その成果のトヨタグループ各社への展開をはかっていきます。

研究環境

他機関との連携を円滑に行うための環境やワークショップ開催など、オープンイノベーションを推進するのに適した環境が整えられています。 また、研究に集中できる場所のほか、研究者同士が気軽に議論できる仕組みも整っています。

応募締切
2019年7月28日(日)23時59分

※エントリー締切後に送られたものに関しては、一切受付できません。
※無料のメールサービスなどでは、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられ、一定期間後に削除されることや、場合によっては届かないこともあります。
 確実に受信できるメールアドレスの登録・設定を行ってください。
※選考結果は、通過・不通過に関わらず、ご登録いただいた連絡先およびマイページ宛にご連絡いたします。


pagetop